研究業績

査読学術論文

2020

  • Toshiro Amaishi, Hideo Tsutamori, Takeshi Nishiwaki, Takaaki Kimoto: Description of anisotropic properties of sheet metal based on spline curves and hole expansion test simulation of high-strength steel: International Journal of Solids and Structures, vol. 202, 2020, pp672–684.
  • Hideo Tsutamori, Toshiro Amaishi, Ray Rizaldi Chorman, Matthias Eder, Simon Vitzhum, Wolfram Volk: Evaluation of Prediction Accuracy for Anisotropic Yield Functions Using Cruciform Hole Expansion Test: Journal of Manufacturing and Material Processing, vol. 4, 2020, pp43-62; doi:10.3390/jmmp4020043

2019

  • 蔦森秀夫,天石敏郎,木本卓壮,西脇武志:任意セグメント型スプライン降伏関数による穴広げ成形の解析,塑性と加工,60巻,2019年4月699号,pp. 115-120.
  • Toshiro Amaishi, Hideo Tsutamori, Takeshi Nishiwaki and Takaaki Kimoto:A Plane Stress Yield Function Described by Multi-Segment Third Order Bézier Curves: Key Engineering Materials, vol. 794, 2019-2, pp163-168; doi:10.4028/www.scientific.net/KEM.794.163

2016

  • Toshiro Amaishi, HideoTsutamori, Eiji Iizuka, Kentaro Sato, Yuki Ogihara and Yohei Matsui : A Yield Function for Anisotropic Sheet Material Described by 3rd Degree Spline Curve and its Applications: Key Engineering Materials, vol. 725, 2016-12, pp653-658, 2017; doi:110.4028/www.scientific.net/KEM.725.653
  • 蔦森秀夫,飯塚栄治,天石敏郎,佐藤健太郎,荻原裕樹,宮本潤示:3次スプライン降伏関数およびその異方硬化モデルの提案,塑性と加工,57巻,2016,662号,pp245-251.

2014

  • 蔦森秀夫,西脇武志,久野誠治,萩野将広,徳納一成,松居正夫:レーザ結合したテーラードブランクの形状凍結性,塑性と加工,55巻,2014,642号,pp643-65.

2013

  • 松居正夫,蔦森秀夫,加藤久佳,鈴木義則,井上孝司:六角ディンプルパターンシートのロール成形特性とプレス成形性,塑性と加工,54巻,2013,632号,pp846-850.
  • 一条尚樹,岩田徳利,岩田隆道,三田太一,蔦森秀夫:プレス成形に伴う面ひずみ評価技術および予測技術の開発,塑性と加工,54巻,2013,626号,pp421-425.

2005

  • 蔦森秀夫,吉田総仁:板成形中の金型たわみを考慮したスプリングバックの有限要素解析,塑性と加工,46巻,2005,532号,pp407-411.

2003

  • 蔦森秀夫,岩田徳利,鈴木直守:薄板の3次元形状の精度不良予測 -FEMによるスプリングバック予測に関する研究 第3報-,44巻,2003,513号,pp1024-1028.
  • 蔦森秀夫,岩田徳利,鈴木直守:除荷時の材料特性を考慮した計算手法の提案 -FEMによるスプリングバック予測に関する研究 第2報-,43巻,2003,508号,pp519-523.

2002

  • 岩田徳利,蔦森秀夫,鈴木直守,石倉洋,松居正夫,後藤学:連続成形中に除荷を受ける薄鋼板の材料特性 -FEMによるスプリングバック予測に関する研究 第1法-,塑性と加工,43巻,503号,2002,pp1178-1182.

1996

  • 東正毅,蔦森秀夫:縮閉線に基づく曲率変化の滑らかな曲線,曲線の生成(第3報)4曲線を入力とする曲面の生成,精密工学会誌,62巻,9号,1996,pp1272-1276.

解説

2020

  • 蔦森秀夫:自動車ボディ部品の成形不具合とシミュレーション,ぷらすとす,3巻,31号,2020,pp395-399.

2016

  • 蔦森秀夫:面ひずみシミュレーション進化論,塑性と加工,57巻,662号,2016,pp225-229.

学会発表

2019

  • 深井陽介,西脇武志,蔦森秀夫:A6061-T6板材を用いたローラーヘミング成形による曲げ割れ抑制効果,軽金属学会,第137回秋季大会,2019年11月,東京.
  • 大西宏明,西脇武志,蔦森秀夫:逆解析を用いた軟鋼板の高ひずみ域応力-ひずみ曲線の取得方法:塑性加工学会,第70回塑性加工聯合講演会,2019年10月,千葉.
  • 川元信国,西脇武志,蔦森秀夫,吉田佳典:V曲げ成形におけるサロゲートモデルの構築による金型設計手法の検討:塑性加工学会,第70回塑性加工聯合講演会,2019年10月,千葉.
  • 蔦森秀夫,天石敏郎,Ray Rizaldi Chorman,Wolfram Volk:二軸引張試験機を用いた穴広げ成形による異方性降伏関数の予測精度評価:塑性加工学会,2019年度塑性加工春季講演会,2019年6月,京都.

2018

  • Toshiro Amaishi, Hideo Tsutamori, Takeshi Nishiwaki, and Takaaki Kimoto: A plane stress yield function described by multi-segment spline curves and its application, NUMISHEET2018, 2018年7月,東京.
  • 大西宏明,蔦森秀夫,杉田大樹,西脇武志,石渡亮伸:薄鋼板の高ひずみ域応力-ひずみ曲線の取得に関する研究,日本塑性加工学会,平成30年度塑性加工春季講演会,2018年5月,東京.
  • 深井陽介,蔦森秀夫,西脇武志,村田浩一,堂ノ下順平,山本達郎:ローラーヘミング加工時に発生するひずみの測定,日本塑性加工学会,平成30年度塑性加工春季講演会,2018年5月,東京.
  • 杉田大樹,西脇武志,木本卓壮,蔦森秀夫:スプライン降伏関数を用いた6000系アルミニウム合金板の穴広げシミュレーション,日本塑性加工学会,平成30年度塑性加工春季講演会,2018年5月,東京.
  • 蔦森秀夫,木本卓壮,西脇武志,天石敏郎:スプライン降伏関数による穴広げシミュレーション,日本鉄鋼協会,第175回春季公演大会,2018年3月,千葉.

2017

  • 杉田大樹,木本卓壮,西脇武志,蔦森秀夫:一軸引張試験機による平面ひずみ領域付近を含む試験方法と3次スプライン降伏関数のパラメータ同定,日本塑性加工学会,第68回塑性加工連合講演会,2017年11月,福井.
  • 佐橋孝則,木本卓壮,西脇武志,蔦森秀夫:球頭張出しおよび穴広げ成形における異方硬化の影響調査,日本塑性加工学会,第68回塑性加工連合講演会,2017年11月,福井.
  • 木本卓壮,天石敏郎,佐橋孝則,西脇武志,蔦森秀夫:G2連続な3次スプライン降伏関数を用いた穴広げ成形のシミュレーション,日本塑性加工学会,第68回塑性加工連合講演会,2017年11月,福井.
  • 蔦森秀夫,天石敏郎,木本卓壮,西脇武志:G2連続な3時スプライン降伏関数,日本塑性加工学会,第68回塑性加工連合講演会,2017年11月,福井.
  • 佐橋孝則,木本卓壮,蔦森秀夫,西脇武志:二軸応力下の低ひずみ域での異方硬化の影響,日本鉄鋼協会,第174回秋季講演会,2017年7月,札幌.
  • 木本卓壮,佐橋孝則,西脇武志,蔦森秀夫:軟鋼板の穴広げ成形における材料モデルの比較,日本鉄鋼協会,第174回秋季講演会,2017年7月,札幌.
  • 佐橋孝則,蔦森秀夫,木本卓壮,西脇武志:球頭張出し成形による二軸応力下での異方硬貨の影響調査,日本塑性加工学会,平成29年度塑性加工春季講演会,2017年6月,岐阜.
  • 八木啓介,杉田大樹,蔦森秀夫:6000系アルミニウム合金板の引張圧縮特性,日本機械学会東海支部,第66回期総会・講演会,2017年3月,浜松.

2016

  • Toshiro Aamaishi1, Hideo Tsutamori, Eiji Iizuka, Kentaro Sato, Yuki Ogihara and Yohei Matsui:2. Plane stress yield function described by 3rd-degree spline curve and its application,NUMISHEET,The 10th International conference Numerical Simulation of 3D Sheet Metal Forming Process,2016年9月,Bristol(UK).
  • 天石敏郎,蔦森秀夫,松井洋平:3次スプライン降伏関数の板成形シミュレーションへの活用,計算工学会,←第21回計算工学講演会,2016年6月,新潟.
  • 松井洋平,天石敏郎,蔦森秀夫:一軸引張試験機による区分多項式型降伏関数のパラメータ同定,塑性加工学会,平成28年度塑性加工春季講演会,2016年5月,京都.蔦森秀夫,松井洋平,飯塚栄治,佐藤健太郎,荻原祐樹:穴広げ成形における異方硬化モデルの影響,鉄鋼協会,第171回春季講演会,2016年3月,東京.

2015

  • 太田英一,与語康宏,岩田徳利,蔦森秀夫:6000系アルミニウム合金板における摩擦係数の摺動方向依存性,日本塑性加工学会,第66回塑性加工連合講演会,2015年10月,いわき.
  • 松井洋平,蔦森秀夫,天石敏郎:6000系アルミニウム合金板の穴広げ成形における異方硬化の影響,日本塑性加工学会,第66回塑性加工連合講演会,2015年10月,いわき.
  • 蔦森秀夫,飯塚栄治,天石敏郎,佐藤健太郎,荻原裕樹,伊藤予基,柴田章博:3次スプライン降伏関数およびその異方硬化モデルの提案と穴広げモデル適用,日本塑性加工学会,塑性加工春季講演会,2015年5月,横浜.

大同大学 工学部 機械工学科

蔦森研究室

〒457-8530
名古屋市南区滝春町10番地3

代表TEL:052-612-6111

直通TEL:052-612-6651(2526)

FAX:052-612-5623

教授:蔦森秀夫

E-mail:h-tuta[at]daido-it.ac.jp

Copyright © 蔦森研究室
トップへ戻るボタン